webアクセシビリティの対応

アクセシビリティとは

 「ウェブアクセシビリティ」とは、「高齢者や障害者など心身の機能に制約のある人を含め、ウェブサイトで提供されている情報が誰に対してもきちんと伝わり、提供されている機能やサービスを誰もが容易に利用できること」を意味します。
 近年IT(情報通信技術)化が進み、インターネットは公共サービス・医療・金融機関・エンターテイメント等、私たちの生活向上に役立つ道具となりました。
 今後さらにインターネットは、私たちの生活に密着し欠かせない存在として、必要性が高まることでしょう。
しかしインターネットに接続すれば、いつでもどこでも欲しい情報が手に入る便利な世の中で、すべての人々がインターネットに接続して、平等に欲しい情報を受け取ることができているのでしょうか?
 パソコン、インターネットを使うことができるかどうかで、国民の間に新たな情報格差(デジタルデバイド)が生じる心配もあり、世代や所得などに関係なく、ITの受益をすべての国民が享受できる社会にしなければなりません。
 当サイトは、「心身の機能や、どのような環境であるかに関係なく、情報を得られるウェブサイト」をテーマに、障がい者・高齢者等のみならず、環境・設備・機器・ソフトウェア等の使用有無などに関係なく、ウェブサイトに来るすべての人々が不自由なく情報を得られる、利用しやすいウェブサイトを目指しています。
 

お問い合わせはこちら